島根県のWEB3・NFT地方創生事例|自治体・企業の活用事例を紹介!

島根県 Web3 地方創生

実は島根県では、まだWEB3・NFTの活用事例が非常に少ないです!
「WEB3地方創生ねっと」が総力を上げて調べましたが、、、まだ2つしか事例がありません。

この記事ではそんな島根県のWEB3活用事例を紹介します!
事例が増えた時にまた見返せるようブックマークをして待っていてください!

それでは1つずつ見てみましょう!

目次

島根県のWEB3事例①:ふるさと納税「鷹の爪団NFT」

島根県松江市及び雲南市は、2023年10月22日よりふるさと納税の返礼品として「鷹の爪団NFT」とのコラボアート「松江市 雲南市応援!! 鷹の爪団吉田くん ふるさと納税NFT」の取り扱いを始めます。

こちらのNFTアートは、松江市及び雲南市の名所や特産品を鷹の爪団の吉田君が巡りながら紹介するストーリーとなっており、全て1点もののNFTアートになっています。
さらに、指定された観光に設置されたQRコードを読み込むと、NFTアートの絵柄が変わるという仕掛けもついており、島根県への周遊促進が図られています。

コラボアートNFTは、全3種類あり、全て10,000円の寄付金額となっています。

運営元島根県松江市
島根県雲南市
株式会社ディー・エル・イー
公式サイトhttps://www.city.matsue.lg.jp/index.html
https://www.city.unnan.shimane.jp/unnan/
http://www.dle.jp/jp/
PRTimes

島根県のWEB3事例②:しまね縁結び商店街メタバース

2022年5月、当時全国で初となる取り組みとしてメタバース空間上に「しまね縁結び商店街」が開設されました。

この取組は、島根県の魅力を広く発信する団体「一般社団島根城下町食文化研究会」と「松江商工会議所・出雲商工会議所」の共同事業となります。

メタバース商店街は、誰でも無料かつ簡単にアバターを作成して入場するこおができます。
「しまね縁結び商店街」には、島根県のお店が多く出展されています。ユーザーはそれぞれのお店で商品をみたり、説明を聞いたり、ECサイトでショッピングする事も可能です。

運営元一般社団島根城下町食文化研究会
松江商工会議所
出雲商工会議所
公式サイトhttps://www.e-otsumami.jp/blog/shimane-food-culture/
https://www.matsue.jp/organization/
https://www.izmcci.or.jp/

島根県のWEB3事例③:山陰銀行×MRI デジタル地域通貨事業に関する基本合意書を締結

三菱総合研究所(MRI)と山陰合同銀行(ごうぎん)は、山陰地域の活性化を目指し、デジタル地域通貨事業を共同で実施します。この事業は、地域コミュニティの再興と経済の活性化を狙いとしています。

MRIはブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム「Region Ring」を提供予定です。一方、山陰合同銀行は地域内で使えるポイントや地域通貨を発行し、消費活動を促進します。

この協業により「さんいんウォレット基盤(仮)」を構築し、自治体や地元企業が利用できるようにすることで、行政施策の実現や経済取引の活性化を支援します。これにより、地元の店舗が短期間でポイントや電子マネーを発行できる仕組みが整う予定です。

運営元三菱総合研究所(MRI)
山陰合同銀行(ごうぎん)
プレスリリースサイトhttps://www.mri.co.jp/news/press/20240529.html

WEB3地方創生ねっとが発行する限定の「島根県NFT」を無料でゲット

ここまで記事を読まれた方は、島根県という場所でNFT・WEB3技術をどのように活用していくかという事について学ぶ事が出来たのではないかと思います!

次に実際にNFTを体験してみましょう!
私たちWEB3地方創生ねっとがこの記事限定で発行するNFT「【島根県】無料相談付き体験NFT」を下記より無料で受け取ってみてください!

受け取り方は非常に簡単で以下の3STEPです!
①:「ログインして受け取る」をクリックし、GoogleアカウントもしくはMetaMaskなどのウォレットでログイン
②:TwitterでWEB3地方創生ねっとをフォロー
③:「【島根県】無料相談付き体験NFT」NFTを受け取る。
*もしGoogleログインできない場合は、「もしGoogleログインできない場合はこちら」をクリックし、サイトで直接受け取りください。

目次