和歌山県のWEB3・NFT地方創生事例|自治体・企業の活用事例にWEB3と相性が良いものを紹介!

和歌山県 Web3 地方創生

昨今WEB3・NFTを活用した地域独自の取り組みが日本全国で誕生し始めています!

和歌山県もその1つで、ふるさと納税とNFTを活用した事例が複数あります!
この記事ではそんな和歌山県のWEB3・NFT活用事例を2つ紹介します!

和歌山県独自のWEB3の取り組みが増えるたびに、この記事は更新していきますのでブックマークをしておくと後から見返すことが出来て便利です!
それでは和歌山県のWEB3・NFT活用事例を見ていきましょう!

目次

和歌山県のWEB3事例①:ふるさと納税「白浜町ふるさとCNP2023」

2023年5月、和歌山県白浜町はNFTプロジェクト「CNP(CryptoNinja Partners)」とコラボし、NFTアート「白浜町CNP2023」をふるさと納税の返礼品として提供を開始しました。

コラボアートには、白浜町の特産品である梅干しや真鯛など、観光地の白良浜、三段壁などが描かれています。

このNFTアートは、実際に平浜町を訪れるとアートの絵柄が変化したり、白浜温泉「崎の湯」の貸切一番風呂に入ることができる特典もあります。

運営元和歌山県白浜町
株式会社あるやうむ
公式サイトhttp://www.town.shirahama.wakayama.jp/
https://alyawmu.com/

和歌山県のWEB3事例②:ふるさと納税「NFTアート+梅干し200gセット」

和歌山県みなべ町は、和歌山県に移住してきたイタリア人クリエイターConforti Nardoによって描かれたNFTアートと紀州梅香の梅干しがセットのものをふるさと納税の返礼品として取り扱っています。

クリエイターのConforti Nardoは、Disneyなど世界の老若男女が知る人気アニメ等仕事を経験してきた方です。
その凄腕クリエイターが移住してきた地でNFTアート「梅干し争奪戦 紀州みなべ」を描き、返礼品にまで認められました。

運営元和歌山県みなべ町
公式サイトhttp://www.town.minabe.lg.jp/

WEB3地方創生ねっとが発行する限定の「和歌山県NFT」を無料でゲット

ここまで記事を読まれた方は、和歌山という場所でNFT・WEB3技術をどのように活用していくかという事について学ぶ事が出来たのではないかと思います!

次に実際にNFTを体験してみましょう!
私たちWEB3地方創生ねっとがこの記事限定で発行するNFT「【和歌山県】無料相談付き体験NFT」を下記より無料で受け取ってみてください!

受け取り方は非常に簡単で以下の3STEPです!
①:「ログインして受け取る」をクリックし、GoogleアカウントもしくはMetaMaskなどのウォレットでログイン
②:TwitterでWEB3地方創生ねっとをフォロー
③:「【和歌山県】無料相談付き体験NFT」NFTを受け取る。
*もしGoogleログインできない場合は、「もしGoogleログインできない場合はこちら」をクリックし、サイトで直接受け取りください。

目次